スマホの方はタップでお電話|TEL 090-9928-7198(受付時間 9:00~20:00)

家事代行で働く仕事のやりがい

宮本さえ子

 

※事例1

わずか半年のお付き合いになってしまいましたが、私の心を大きく成長させてくださったかたとの出会いがありました。

厳しい病状が進行していく中、衰えていく体力にも負けないように、ご自分で何でもしようとされていました。

人が終焉に向かっていく中では、様々な心の変化、奇麗事では済まない葛藤があることを身近でみせていただきました。

「あなたには私の家の裏も表も全部見せました」

数ヶ月しかお付き合いの無い私に、時には税務関係で通帳の中身を全部見せてくださったり、未熟な私を信頼してくださった、大きな心からの言葉でした。

ほんとうにありがたい言葉でした。

そして私がお手伝いさせていただく日には、私の来るのを今か今かと待っていてくださった事、ご自分の経験や想い出などいろいろな事を話してくださった事が、家事代行をしている今の私の原動力と励みになっています。

 

※事例2

あるお客様のところは、精神的に辛い事が重なり、外出もままならないくらいでした。

身の回りのお世話をさせていただきながら、一緒に買い物に行ったり、じっくりとお話をお聞きしたりして日々を過ごさせていただきました。少しでも元気になられて笑顔が増えますように、毎日そう祈りながらのお仕事でした。

少しずつ元気を取り戻され、先日、3年ぶりくらいに娘さんとデパートにランチと買い物に出かけられました。2年前に初めてお会いした時の事を思うと、私もほんとに嬉しい出来事でした。そして娘さんから、とても嬉しくありがたいお言葉を頂きました。

「宮本さんのような人に巡り合えて、母はこんなに元気になりました。母はこれからも『安心』と『自立の為の自己投資』と思って宮本さんたちのお力をお借りしたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

家事代行として深く家庭に入る事で、自分が人に大きな影響を与えられた事、こんなに喜んでいただけたことに感動しました。

ただ単に掃除をして食事の用意をするだけではなく、人と人の関わりと結びつきの中、私が学んできた事で笑顔が増えていっていただけたら、そんな思いでこれからも家事代行をお届けしてまいります。